不動産・地域・生活情報発信!!

Okada Jutaku Web Site

http://www.okj.jp/

売買賃貸情報誌岡田建設会社概要案内図問合せ

-購入する場合の諸費用について-
1.登記代
所有権移転・保存、建物表示、抵当権設定の登記時に必要になる費用ですから、どんな場合も必ずかかってきます。このお金は、代金決済時に司法書士へ渡すお金で、登記に関わる税金(登録免許税)も含まれております。
2.借入諸費用
保証料・印紙税・手数料の3つになります。最近は、保証料の内入などが出来るようになりましたので、購入時の諸費用を減らせます。
3.火災保険
4.仲介手数料
不動産業者が買主・売主さまの媒介をする場合に、仲介手数料がかかります。
法定で上限が定められており、速算式は、(価格×3%+6万)と別途消費税です。
5.税金
固定資産税等・印紙税・不動産取得税がかかります。
ー住宅ローンの仕組みー
公庫融資の縮小も決まり、今後住宅を購入される方にとっては、民間銀行の住宅ローンの比重がますます増えることになります。(現金で買われる羨ましい方は除いて)そこで住宅ローンの基本的な仕組みと優遇などについてご紹介させていただきます。
@金利選択型について
住宅ローンの金利は、各銀行とも変動金利と固定金利の選択型を採用しております。これは、返済期間中の金利を変動金利にしたり固定金利(1〜10年など)にしたりとお客様の自由に選択できるものです。但し、変更時に手数料がかかる場合があります。これにより長期に渡る期間内の金利を最初から束縛されず、経済情勢などを見ながら変更していけます。
A借入可能額について
住宅ローンの案内書などで「融資額何千万円まで」と書いてありますが、これは「返済力があれば貸します」とういうことで誰にでもそれだけ貸してくれるわけではございません。では、どれだけ貸してくれるかといいますと、借りる方の年収に住宅ローンの返済がどれだけ占めるかという返済比率により計算します。銀行の基準は30%〜35%ですが、生活のことなどを考えて25%以内に抑えるのが理想です。これで計算しますと年収400万円の方で1,700万円(35年)、年収800万円の方で3,400万円(35年)までは借りていいとなります。また、銀行の担保評価額によっても借入可能額がかわります。
B諸費用について
住宅ローンを借りるにあたって、印紙代・事務手数料・保証料・登記代・火災保険料などの諸費用がかかります。
C団体信用生命保険について
住宅ローンをご利用するにあたり、全ての方にご加入が義務付けられます。万が一死亡した場合などに保険金をもって住宅ローンを完済します。保険料は銀行負担が一般的です。
D優遇について
各銀行とも給与振込や公共料金の支払いなどを利用することを条件に金利の優遇や保証料の免除などの優遇を取り扱っています。金利の優遇幅は各銀行でまちまちですが、最大で1%以上の優遇を受けられます。優遇の期間や条件など各銀行により違いがございますので、詳細は各銀行や当社営業へお尋ね下さい。

前のページへ戻る


     岡田住宅株式会社 

http://www.okj.jp/  

 〒270-2213 千葉県松戸市五香1丁目22番地9 マクドナルド並び、ガスト向かい

  TEL 047-385-3314   FAX 047-385-3315   mail info@okj.jp

定休日/水曜日 営業時間/AM9:00〜PM7:00

千葉県知事(13)第3442号 全国宅地建物取引業協会